MENU

ボクカノ ~僕が男の娘を愛した経緯について

"
タイトル ボクカノ ~僕が男の娘を愛した経緯について
品番d_026932
タグ3P・4P,中出し,フェラ,ぶっかけ,アナル,アドベンチャー
メーカーモニスタラッシュ/a Matures
発売日2010/03/05 09:50
販売数461
お気に入り数128
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【モニスタラッシュ/a Matures】ロングヘア女の子がぶっかけするデートラブラブものエロゲ

○あらすじ 華族の流れを汲む名家、凡河内(おおしこうち)の屋敷へ住み込みの家庭教師としてやって来た聖人。 その凡河内家では先代の当主夫妻が事故で亡くなり、成人前の当主とその妹が残されていた。 屋敷へやって来た聖人をふたりの女の子が出迎える、姉の瑞貴と妹の悠生だった。はて、兄妹と訊いていたのですが~あなたは瑞貴『君』ではないですよねぇ、と首を傾げる。目の前に現れた瑞貴は、どう見ても女の子だった。 ○超驚きの低価格大ボリューム!! ・エッチイベントCG率100% 可愛い男の娘がはしたない姿を晒しまくる! ・教え子に手をだしてしまった家庭教師……こんな可愛い娘が、女の子のはずはない!! ・禁断の関係!! それでも純愛……あの娘の薄い胸に指を滑らせながら、酔いしれる。 ・シーン鑑賞モードとCG鑑賞モードを完備。 ・原画:忠臣蔵之介 ・シナリオ:奇偶転置 ・音楽:ミリオンバンブー/SPIN→OUT(せんたろ、ヨナオケイシ、梅本竜) ・CV:中家志穂=凡河内 瑞貴 ・CV:YUKI=凡河内 悠生

ボクカノ ~僕が男の娘を愛した経緯について
"""

男の娘いいですね、大好物です。 しかしシチュエーションや雰囲気で興奮するのは少し難しいように感じます。 容量の問題なのか、キャラの心情や背景などは全速力で駆け抜けます。 なので感情移入するのは困難です、主人公にもヒロインにも。 Hシーンは前述の点はあるものの、原画も綺麗でキャラも可愛いので充分使えると思います。 早い話がボイス付きCG集ですね。 この手の作品も増えてきましたが、まだまだニッチな市場だと思いますので こういう作品が出てくれるのは感謝しなければなりませんね。

トップ