MENU

えろっ娘・ぐろぅあっぷ

"
タイトル えろっ娘・ぐろぅあっぷ
品番d_098816
タグ少女,ラブコメ,メイド,ミニ系,看護婦・ナース,競泳・スクール水着,中出し,アドベンチャー,ゴス●●,ハーレム,巫女
メーカーBP-TRY-UC
発売日2016/08/03 10:00
販売数38
お気に入り数59
レビュー数1
レビュー平均点0.5

【BP-TRY-UC】ハーレムでロングヘアナースが無表情の顔するエロゲ

〇い姉妹と様々なシチュエーションでHするADVです。 たくさんのシチュエーションがあり、●●好きにはおすすめです。 寝取られとかは一切ありませんので安心してプレイ出来ます。 ある日、主人公の療養所に電話がかかってくる。 『二人の少女を預かってくれないか』 『同意書は後々送る』 俺はある特殊な精神病(精神性成長障害)が専門の医者。事故のショックから、記憶がなくなり、自分を守るために自ら成長を止めた二人の治療を受け持つことになった。彼女たちは両親と4人で旅行中に車の事故に遭遇し、しかも目の前で両親の死を見たらしい。だが彼女たちは事件のことは覚えていないと言う。自分の精神を守るための、体…いや脳が自己防衛した結果だろう。しかも、記憶の混乱(フラッシュバック)を止めるために投与された薬のせいもあり、一日のほとんどを睡眠に費やしていると言う。 しかし、自分の病気、両親がいないことなどから、比較的軽度だった姉の方はうすうす事実に気づいているらしい。当時、乱用されたその薬のおかげで、俺みたいな仕事が無くならないのだが。事故のショックとその薬の作用のおかげで、彼女たちは自我を壊すこともなかったのも事実だ。幾多の症例が示すとおり、この状態の少女たちは、年とともに自我を失ってしまうことが多々ある。そうなっては遅いというわけで、親戚の家からこちらへつれてこられた。しかし俺の施す治療は、いろいろと問題もあり、しかも時間的にきわめて限られた範囲内での治療しか行うことが出来ない。 この病気のもう一つの特徴として、病気から解放されたとき、成長と共にものすごい学習能力を有する事が証明されている。俺は、彼女たちの二人の職業の適性を調べ、社会復帰、いや社会に多大なる貢献をさせることを考えた。おそらくそれが彼女達にとって最良の方法だと…そして、二人がやってくる。タクシーで主人公の自宅の前にきた。初めて見る、〇い姉妹。 「こんな〇い子たちが………」 ここまで成長を止めている事例は初めてだ。これからの治療のことを考え、俺は躊躇の溜息を漏らした。 「………どんな治療をするか、知っているのかい?」 すると、あどけない少女のうち、姉らしき少女が 「大丈夫です………私たちはもう大人です………それに……」 「………それに……ここには自分たちの意思できました………」 キャラクター キャラ1 宮下 かなた(みやした かなた) 事故と両親の死という局面での精神的外相が大きかったため、 精神と肉体の成長が止まってしまう奇病にかかってしまった少女。 言動は非常に〇く、実際の年齢から比べるとギャップが大きい。 また、いつもシャチのぬいぐるみを抱いており。 事故以前の記憶からパパとママの幻想を見ることがある。 主人公に対し父親の影を見たのか、「ぱぱ」と呼び慕うようになる。 唯一の肉親である姉の存在が大きく、いつもくるみの影に隠れるように行動する内気な少女。 「ぱぱ・・・おせんたくもの・・・手伝ってもいい?」 キャラ2 宮下 くるみ(みやした くるみ) かなたと同じく事故により「時」が止まってしまった少女。 肉体が成長しないという点ではかなたと同じだが、 精神的にはちょっと大人っぽい悟ったところがある。 特殊な環境のためか若干おどおどした一面も見せる。 主人公を信用しているのか「先生」と呼び、治療を受ける。 妹のことを第一に考え行動する。 ウェーブのかかった金髪を淡いエメラルドカラーの眼が特徴的。 「かなたちゃん・・・大丈夫、大丈夫だからね」 紺野直道(こんの なおみち) 【主人公】 精神的外傷による成長停止という奇病を専門に治療する医師。 自分を表に出すことがすくなくストイックな印象を受ける。 また、医師としての自分に疑問を持ちつづけており、 それが原因で周囲に冷たく当たることもしばしばありえる。 かなたとくるみに出会って一番救われたのはもしかして医師たる当人かもしれない。

えろっ娘・ぐろぅあっぷ
""""

同じ子なのに、ちびっこから女子校生ぐらいまでのいろいろな姿でイチャイチャできるところが面白いです。購入予定です。

トップ